読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転職が上手く行くことなんてあるの?実話で聞くガチ体験談

転職しても、良い事なんて何もない!と思いがちな方に向けた転職体験のコツをまとめています

御礼状、推薦状が意外と効果を発揮する

ハローワークを利用せよ

わたしは、ハローワークのインターネットサービスを利用して転職活動を行いました。

まず、転職活動中はまだ、元の職場に所属していましたので、転職活動中だということを悟られないように注意を払っていました。

 

転職を考えるということは、現状に何らかの不満があると捉えられても仕方がないので、悟られてしまうと万が一、転職に失敗した場合職場に居ずらくなってしまいます。

ふわふわせず、落ち着いて業務をこなしつつ、転職活動を行います。

 

面接の際は、転職したい理由を必ず聞かれます。ここではひたすら転職先の会社に対する魅力を現実味を持って伝えることが必要です。

間違えても、現職場のマイナス部分を離してはいけません。ただ、職種が違う場合で、現職場での職種について限界を感じているのであれば、その点は正直に話しても良いと思います。

 

また、面接では、あまり夢物語のようなことを話さないよう、おちついて現実的な話し方をするように心がけます

「良いところばっかりをみて、飛びついてきたな」と、意に反して浅はかな印象を持たれてしまう可能性があるからです。

 

面接が終了したら、その帰りにカフェなどに寄って面接で話した内容を踏まえつつ、お礼状を書きます。(ハガキでOKです)面接の際に名刺をいただいたのであれば頂いた方全員に書く方が効果的です。

 

そこには、感銘を受けた内容はもちろんですが、面接で話を聞いて、面接前と考えが変ったこととして、面接でのイケてなかった発言を改めることも可能かと思います。

 

●とお話しさせていただきましたが、御社の〇〇様の「~~~」というお話しを伺って、考えが変り、わたしも「~~~」と考えております。などと書きます。

 

面接の帰りに書くことで、記憶に残っていることが多く、より素敵な文章が書けるかと思います。

 

また、面接での心得とは別に、恩師や上司からの推薦状を履歴書に同封しました。

 

これらは、大学の教授から言われたことですが、履歴書がたくさん送られてくる段階で、応募者の中に大きな差を感じることはあまりないとのことでした。

 

ただ、字がきれいであるとかはみると言われていましたが、最近の履歴書はPCで作成する場合も多いので、字のきれいさはあまり役に立たないのかなと個人的には思っています。

 

そんな中で、履歴書のほかに推薦状が入っていたりすると、他の人と比べて印象に残りやすいようです。実際に面接でも、推薦状を同封していたことについて触れられます

「ここまでしなくてもいいのに~」などと言われることもありますが、ここまでしてでも採用して頂きたかったと言っておくと、努力は具現化しやすくなりますよ!

 

御礼状や、推薦状はあまり使う人がいないので、どうしても採用に繋がらない人のための裏ワザとして覚えておいてください。