読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転職が上手く行くことなんてあるの?実話で聞くガチ体験談

転職しても、良い事なんて何もない!と思いがちな方に向けた転職体験のコツをまとめています

しっかり担当者の人と打ち合わせして、話し合えることが大事

求人サイトを利用せよ

リクルートエージェントを利用して転職しました。

転職を考えていた当初、別のところに登録して活動していましたがうまくいかなかった時に知り合いの紹介でこちらに登録しました。

 

登録してまずは面談がありました。

最初は「特に目立った技術のない自分が登録できるんだろうか」と不安に思っていましたが、実際は勤務期間や経験を前向きに評価していただいたので、それがとても励みになりました。

 

やり取りは主にメールで行い、「こういう求人があります」と連絡をいただいて応募してみようと思ったら応募するという流れで進んでいきました。

担当者さんにもよると思うのですが、結構いろんな求人案件を紹介してくれたのはうれしかったです。

自分も「こういうところに応募できるのか」と新しい視点を得ることが出来ました

 

なかなか結果が出ない日々を過ごしていましたが、転職活動をするなかで改めて今の自分の仕事はどうなのかや転職することでどうなりたいのかを深く考えることが出来たのはいい経験だったと思います。

 

在職しながらの転職活動だったため、時間のやりくりにはとても苦労しました。

応募したいけれど先方との面談時間がなかなか合わなかったり、今いる職場に迷惑をかけないように気を配ったり…と当時はかなり大変でした。

 

仕事が終わってすぐに電車に乗って先方に駆け込むということもよくありました。

今思ってもよくやりくり出来たなあと思います。

 

自分なりのうまくいったコツは「よく話し合ってみる」ということだと思います。

これはリクルートエージェントの担当者の方や転職希望先の企業の方両方に言えます

 

一方的に話すのではなく、あくまで「話し合う」という姿勢が大事ではないかと終わってみてよく思います。

 

例えばリクルートエージェントの担当者の方ですが、メールでも直接でも今の状況や気持ちを率直に伝えることで「それではこういう企業はどうでしょう」とか「こういうことをしてみたら」と提案いただくことができました。

 

転職活動が上手くいっていない時に担当者の方と連絡を取るのは気が引けるところもあったのですが、自分だけでは気が付かないことを指摘していただけたのはとてもよかったです。

 

こちらからも疑問に思ったことや悩みを率直に話すことで頭の中が整理整頓されていったりと、だんだんどういう転職がしたいのかが明確になっていった気がします。

 

また、転職希望先の企業の方にも正直に向き合って話しました。

新卒の頃と違うなと感じたのは、お互いすでに社会人同士として向き合っているところでした。

会社勤めを経験しているとしていないのとでは、目線の高さがやっぱり違うんだなあと実感しました。

そのため、たとえその企業をご縁がなかった時でも双方が納得の上で合意できたのがよかったと思います。

 

転職活動というのは普段の生活では出会えないような人に会える機会があり、その中でいかに素直に自分と向き合った上で人とつながっていくのかを考えるいい経験になったと思います。

 

時間的に、早く締まってしまうハローワーク利用が厳しかったこと、担当者さんと綿密に打ち合わせできる環境ができたこと。これが、私の転職成功のポイントになりました。

 

リクルートエージェントは今も人気なので、お勧めしたい転職サイトです。

現在の仕事に疑問を持つのであれば、思い切って転職することがよい結果を生み出す

ハローワークを利用せよ

私は美容職から営業事務職への転職で成功しました。

美容の仕事とは、美容師専門学校で美容師免許を取得してからまつげパーマをすると言う手に職をもった専門職でした。

 

転職しようと思ったきっかけは、何歳までこの仕事を続けていけるのだろうと考えた時に、ずっと雇われる側で技術者としてだけ働いているのは厳しいのではないかと考えたからです。

 

年齢的に、小さいお店であっても開業するか、美容業でも裏方にまわるかが良いのではないかと思いました。

 

そこで、まず必要になるのが、パソコンを習得する事と考えました。私は実家を離れ一人暮らしをしていましたので、パソコンを習得するにもスクールはお金もかかりますし、どうすれば良いかを両親や周りの方にいろいろと相談しました。

 

そこで教えてもらったのが、職業訓練学校です。これまでのまつげパーマの職場は5・6年の勤務でしたので、ハローワークへ行き失業保険をもらっていましたので、職業訓練学校の事を知り早速ハローワークで相談しました。

 

誰でもが行けるわけではありませんが、前職の勤務年数などで無料で行けるということでこれに応募する事に決めました。

 

職業訓練学校の最終目的は仕事に就くことなので、“なぜその学校へ行きたいか・その技能が必要なのか”を審査する面談や一般常識問題のテストなどもありますが、やる気があれば頑張って勉強も出来ると思いますし、それ以上に面接の練習や履歴書の書き方なども勉強させてもらえるので、利用しなければもったいないシステムだと思います。

 

目的別に学校も通う期間も色々ありますが、私はもちろんパソコンスクールへ行き半年勉強し、仕事で使える程になりました。

 

スクールが終了後は、ハローワークでいくつも就職先の紹介を受け希望の営業事務に就くことが出来ました。

 

業種に関しましてもなんでもいい訳ではなく美容に関する仕事がしたかった為探す事も簡単ではありませんが。

ハローワークの方もしっかり話を聞き相談にのってくれました

 

転職のコツは、とにかくやる気はもちろん間違いなく必要ですが、就きたい仕事・やりたいこと・目指すところなど、自分の中で明確にすることです

 

私の場合であれば、相談したハローワーク側にしっかりと伝える事と、面接先でもその考えを伝えれるようにしっかりと準備をして面接に挑むことです

そうしたおかげで私は希望する会社に就職し、勤めてからもやりがいを持って仕事することができ、長く務めることができました。

現在の仕事に疑問を持つようであれば、変な気持ちのまま働かず、思い切って転職する事がよいと思います。

開き直って気分一新にがんばる!ありがちでも基礎は大事!

知人の紹介を利用せよ

就職活動をしていた時、周りはどんどん決まり、正直焦りました。私は少し田舎の方に住んでいた事もあり、都会に憧れ市内の就職先を探していました。

 

希望してた職を何社か断られ、断られる度に初めはやる気が十分だった就職活動もだんだんやる気がなくなりました。

 

求人サイトも色々見ましたが、どれもパッとせず…そんな時に友達の御両親の紹介で、こういう会社があるけど?と、既に内定が決まっていた友達が訪ねてきてくれました

 

色々その会社を検索していくと、私の理想の会社だったのです。

 

私はすぐに連絡をし、面接をしていただけることになりました。面接までの数日は両親も「次は大丈夫よ!今までの会社は縁がなかっただけ!」と、落ち込んでる私を励ましてくれていました。

 

面接の前日は新しい靴を買い、美容院に行きました。なぜか何社か落とされた気分を一新出来る気がしたんです。

美容師さんにも「明日面接なんですー」というと、頑張って!と励ましていただけました。

少ししか髪は切っていませんが、サラサラになった髪型で、新しい履歴書の写真を撮りに行きました。

 

正直、写真なんて使い回しでも…と、思っていましたが、どこかのサイトに「写真は毎回撮りなおししましょう。」と、書いてたのをふと思い出したんです。

 

気持ちも晴れやかになったので、近所の写真屋さんで撮影していただきました。

家に帰り、新しく履歴書を書き両親からもらったお守りを枕の下に入れ眠りました。今でもなぜ、枕の下に入れたのかはわかりませんが…。

 

そして、運命の当日。

緊張からか朝早く目覚めた私は、キッチンに行くと何故かトンカツが。母が「勝つよ!カツ!」と、私の為にトンカツを朝から作ってくれました。

「えー受験生ー?」と笑いましたが、何故か食べると不思議と勝てる=採用、の気持ちになってきました。

 

新しい靴を履き、玄関から出る時は父に母、妹、我が家の愛犬までみんなで「大丈夫!頑張って!」と、応援してくれました。なんだか、気持ちは落ち着いてました。

会社につくとどんどん緊張し口はカラカラでした。

 

何名か面接はいらっしゃってましたが、私は最後の方だったのでその間もドキドキ。いざ、名前を呼ばれると足取りが重かったです。面接官数名の前に立った時、「もういいや!なるようになれ!」と、開き直りました。

すると、肩の荷がおり、思ってたよりリラックスして面接に挑むことができました。

数日後の通知で見事採用され、家族みんなが喜んでくれた光景を今でもハッキリ覚えています。

だけど、自分自身の記憶は喜び過ぎてハッキリ覚えていません。

時には、開き直りも大切なんだな。とは思いました。

御礼状、推薦状が意外と効果を発揮する

ハローワークを利用せよ

わたしは、ハローワークのインターネットサービスを利用して転職活動を行いました。

まず、転職活動中はまだ、元の職場に所属していましたので、転職活動中だということを悟られないように注意を払っていました。

 

転職を考えるということは、現状に何らかの不満があると捉えられても仕方がないので、悟られてしまうと万が一、転職に失敗した場合職場に居ずらくなってしまいます。

ふわふわせず、落ち着いて業務をこなしつつ、転職活動を行います。

 

面接の際は、転職したい理由を必ず聞かれます。ここではひたすら転職先の会社に対する魅力を現実味を持って伝えることが必要です。

間違えても、現職場のマイナス部分を離してはいけません。ただ、職種が違う場合で、現職場での職種について限界を感じているのであれば、その点は正直に話しても良いと思います。

 

また、面接では、あまり夢物語のようなことを話さないよう、おちついて現実的な話し方をするように心がけます

「良いところばっかりをみて、飛びついてきたな」と、意に反して浅はかな印象を持たれてしまう可能性があるからです。

 

面接が終了したら、その帰りにカフェなどに寄って面接で話した内容を踏まえつつ、お礼状を書きます。(ハガキでOKです)面接の際に名刺をいただいたのであれば頂いた方全員に書く方が効果的です。

 

そこには、感銘を受けた内容はもちろんですが、面接で話を聞いて、面接前と考えが変ったこととして、面接でのイケてなかった発言を改めることも可能かと思います。

 

●とお話しさせていただきましたが、御社の〇〇様の「~~~」というお話しを伺って、考えが変り、わたしも「~~~」と考えております。などと書きます。

 

面接の帰りに書くことで、記憶に残っていることが多く、より素敵な文章が書けるかと思います。

 

また、面接での心得とは別に、恩師や上司からの推薦状を履歴書に同封しました。

 

これらは、大学の教授から言われたことですが、履歴書がたくさん送られてくる段階で、応募者の中に大きな差を感じることはあまりないとのことでした。

 

ただ、字がきれいであるとかはみると言われていましたが、最近の履歴書はPCで作成する場合も多いので、字のきれいさはあまり役に立たないのかなと個人的には思っています。

 

そんな中で、履歴書のほかに推薦状が入っていたりすると、他の人と比べて印象に残りやすいようです。実際に面接でも、推薦状を同封していたことについて触れられます

「ここまでしなくてもいいのに~」などと言われることもありますが、ここまでしてでも採用して頂きたかったと言っておくと、努力は具現化しやすくなりますよ!

 

御礼状や、推薦状はあまり使う人がいないので、どうしても採用に繋がらない人のための裏ワザとして覚えておいてください。

準備、自己分析、企業分析の3つをきっちりと!

求人サイトを利用せよ

 

アパレルデザイナーからウェディングドレスプランナーに転職しました。

転職を決めてから、ドレスプランナーの求人を中心にチェックしていました。

 

マイナビから他業種の企業からオファーなどが受けれるように職務経歴などを登録していました

 

実際にオファーを受けたり、利用することはなかったですがあまり見ないような業種にも自分が挑戦できるかなと考えられる可能性が広がったので、とても良い機能だと思いました。

 

 

近年は履歴書はPCで打った方がいいという企業もあるそうですが、今回受けたドレスプランナーは人と関わり、お客様をおもてなししてドレスを選ぶお手伝いをする職種だったので、手書きの履歴書を用意しました

 

自分の資料として、履歴書とは別に職務経歴書を作成しました。書類選考となると、履歴書だけでは足りないと思ったからです。

 

職務経歴はあまり重要ではないような仕事も細かく書き出しました。

まとめることで、普段こなしていた仕事の内容など整理ができたので自己PRなども考えやすく、面接時にとても話しやすかったです。

 

職務経歴書はPC打ちで作成しました。

前職の自分が企画した企画書なども細かくまとめ、通らなかった企画なども自己アピールとして、面接時に見せる時間があった時のために準備していました。

 

実際使用することはなかったですが、まとめて損はなかったなと思います。

 

希望の企業の情報収集もしっかり行い、似ている企業との比較をして調べて自分なりの分析はしておきました。

 

面接で業界での比較の質問はよくされることがあったので、調べて良かったと思います。

 

ドレスプランナーという職種だったので、2〜3年前の海外のコレクションブランドもチェックし、知識としてドレスのトレンドなどの勉強もしました。

 

面接時にそういった質問などはなかったですが、自己アピールのとして話せたので勉強していて良かったと思いました。

 

細かいことですが、話を聞く姿勢や所作をアピールしたかったので意識して面接に臨みました。

前職はデスクワークだった為、人と関わる時間は少なかったので、コミニケーション力をアピールできるように、面接官の話などを聞く際は笑顔を絶やさず、相槌を打つなどしました。

 

初めての転職だった為準備は細かく行うようにしたので、面接時に質問に困って話せない!ということはなかったです。

 

行きたかった会社1社しか受けていませんが、上手く行ったコツとしては、準備と自己分析・企業分析だと思います。

 

何ごとも使わなかったらそれでいいのです。準備をしてるだけで、心がずっと強くなりますよ!

非正規雇用で職場の様子を見るのも手

求人サイトを利用せよ

看護師をしています。

 

初めて就職した所は自由に仕事をする先輩が多くいて、新卒の私たちはとても働き辛い所でした。

看護職が嫌いになる前に辞めようと決意し、師長に報告してもなかなか辞めさせて貰えませんでした。

結局、辞職するまでに10カ月も要してしまいました。次の職種はどうしようか、一旦看護職から離れて考える様になりました。

 

単発のアルバイトをしながら過ごしていましたが、やはり折角取得した看護師資格を活かしたいと思い看護師として就職活動を再開しました。

 

出来れば、きちんとスタッフや仕事の内容を確認してから正社員になりたいと思いました。

本当にそこで働きたいと思うまでは正社員になりたいと思いませんでした。

それは初めの病院で直ぐに辞める事が出来なかったからです。嫌だと思いながら通勤するのは本当に苦痛でかありません。

嫌だと知られている状態で通勤するのも又辛いものでした。

 

私がよく見ていたサイトはとらばーゆです。女性限定の検索エンジンもあり、見やすく、看護師等も非公開の病院は載せていないのが魅力でした。

 

女性向けの転職サイトなどは、色々とチェックしておく方が良いでしょう。女性ブロガーさんなど、仕事のまとめサイトなどを作っているので読んでおくといいかも。

女性視点で作っているので、転職などで参考になることは多いですから。おすすめ女性転職サイト

 

そして、とらばーゆで見付けたクリニックに応募しました。

美容系一か所と透析科のクリニック一か所です。

二か所面接をし、どちらからも内定を頂きました。考えた結果、取りあえず透析科のクリニックに試用期間としてアルバイト勤務する事になりました。

全く新しい科ですので、きっちり働いた方が仕事を覚える事が出来ると師長に言われて、週に5日フル出勤しました。

1か月も働くと大体の業務は把握できるようになりました。

 

それと同時にクリニック内の事はよく分かる様になりました。

師長は比較的他のスタッフと垣根が低く、一緒にプライベートを共にする位仲良しである事。

有休も希望で休みを取得する事が出来る事。

スタッフは全員で10名程度ですが、苛めも嫌がらせもなく仲良く仕事が出来ている事。

気分で働く人がいない事を見ました。

仕事も覚え、楽しく感じていたので是非ここで就職したいと思いました。

 

早速師長に話をすると、師長も喜んでくれました。

私を指導してくれていた先輩も喜んでくれました。

私はそこで今でも働く事ができています。先輩は結婚し他の県に引っ越ししたので離職しました。

私はその先輩の代わりに主任になりました。

 

どんなにスタッフ間の仲はいいですと求人に書いてあってもやはり一緒に働いてみないと実際は分からないものだと思っています。

初めから正社員で面接するのではなく、一旦働いてから考えてみると言うもを長く続けるには必要だと思っています。

 

業種にもよりますが、バイトスタートでできる職場は多いですからね。それでいいところなら継続、ダメなら辞めるでいいのではないかと思います。

 

雇う側にも試用期間があるなら、雇われる方もゆっくり考えてもいいと思います。

一旦アルバイトで勤務しきちんと納得して就職出来たのが成功の秘訣だと思います。

派遣会社から見学に行った会社

派遣会社を利用せよ

 

私は大手の工場の作業員から、システムエンジニアに転職しました。

 

私は、工業高校に通っていました。就職活動は、高校3年の時でした。その頃は、バブルの後期だったので、1人に4社選べるほど、求人数がありました。

 

私は、その当時はやりたい仕事がなかったので、大手に入れば安泰と思っていました。

 

高校をそ卒業し、大手の工場に就職しました。仕事の勤務体系は、3組3交替勤務で、フッ素樹脂を原料とし、レーザープリンタの部品を作っていました。

 

入社してから5年位で、班長になったのですが、その頃から今の仕事に疑問を持つようになりました。本当に私がやりたい仕事なのか?このまま、定年退職まで仕事を続けるべきか?

この頃は、まだ仕事を辞める事に悪いイメージがありました。

 

私は、流されながら9年経っていました。その時、たまたま見たニュースでIT業界が急成長し、技術者が足らないという内容でした。

 

私は、このニュースを見た時に、学生の頃を思い出しました。私が中学の頃に、パソコンゲームが流行りました。

 

しかし、この頃のパソコンは高価で、30万円以上する品物だったので、学生の私ではとても買える物ではありませんでした。

 

いろいろ調べて、見つけたのが、家庭用テレビに接続出来るMSXという低価格のパソコンの存在を知りました。私は、お年玉で早速、購入しました。

 

もちろん目的はゲームでした。しかし、このパソコンには、プログラムが組める機能が付いていました。私は、プログラムに興味があり、遊びながら独学で覚えました。

 

理解できれば出来るほど、すごく楽しかったです。工業高校に入学したのですが、驚いた事にプログラムの授業がありました。

 

私は、習う事はすべて理解していたので、教える側で授業に参加していました。単位も10でした。それからも趣味でたまにプログラムを組んで遊んでいました。

 

卒業研究もプログラムでソフトを作成しました。出来上がった時は、本当に嬉しかったです。この学生の思いが、私の頭の中で、プログラマー職業が浮かんできました。

 

私は、人生の選択と思い悩み続けていましたが、やはり満足の行く仕事がしたいという事で、大手の工業を退職しました。

 

仕事はしなければ、食べていかれないので、派遣のラインで働きながら、資格を取る事にしました。

 

半年かかりましたが、何とか資格を取得できたので、派遣会社を辞め、就職活動を開始しました

 

ハローワークに行き、何社か面接をしましたが、採用してくれる会社はありません。

 

面接でわかった事があるのですが、システム開発の会社は中途採用で、初心者を採用する事はほとんど無いという事です。私は、もう後ろに戻れないので、このままひたすら、就職活動をしました。

 

そして出会ったのが、地元にある派遣会社です。派遣のコンサルタントさんと話していると、見学だけでも・・と誘われる案件がありました。

 

急いで仕事を見つけたかった私は、早速、次に日から通いはじめました。

 

システム開発の会社の雰囲気、作成中のシステムを見せてもらったり、簡単作業をやらせてもらったり、参考書を読ませてもらったりと本当に嬉しかったです。

 

私はこの会社で働きたいと思い、社長に話をしたら、社長も採用するつもりだったのです。私は次の日から、システム開発会社のプログラマーになりました。

 

これで、私の転職活動が終わりました。派遣からの見学もバカにできない効果がありますね。

 

私は、同じ年の人たちに追い付きたいという気持ちが大きかったので、がむしゃらにひ仕事をし、経験を積みました。

 

2年程経ち、私はプログラマーからシステムエンジニアとして働く事になりました。これが、私が人生の選択という転職の内容です。

 

今では、趣味でも仕事でもパソコンを触らない日はありません。