読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転職が上手く行くことなんてあるの?実話で聞くガチ体験談

転職しても、良い事なんて何もない!と思いがちな方に向けた転職体験のコツをまとめています

ブラック企業は逆手に取った!肉を切らせて骨を切れ!

過去にどれだけ応募をしても転職活動がうまくいかなかった時期がありました。

今思えば何もスキルを持っていない状況で、行きたい会社に応募しても受かるわけがありませんでした。

 

自分を見つめ直し、一からやり直したところ段階を踏んで目標の地点までたどり着いたら、さくさくと転職活動がうまくいきました。

 

まず求人サービスとは少し異なりますが職業訓練所に通い受かりたい業種に必要なスキルを身につけました。

これにより履歴書に受かりたい会社に自分を採用したときの利点が記載できるようになります。

 

私は社会人としての基礎知識、パソコンの基礎、オフィス関連のスキルを学んだ後にWEB関係の仕事をしたかったのでサイトコーディング技術、SEOや画像加工技術を学びました。

実際はいくら訓練学校で勉強したところで仕事で通用するレベルまでスキルが上がることは無いとは思うんですが、あくまでも履歴書を彩れると言う意味では相当な効果がありました。

 

履歴書が仕上がったら、次は受かりたい業種へのリサーチです。

どのような会社に受かりたいかを想像し、転職サイトの求人をチェックします。

 

私はWEB関係の仕事をしたかったのでその関係の求人を色々チェックし、自分の理想とする条件の会社をリストアップしました。

 

最終的には給料が良いいほうがいい、と言うスタンスで探していたので判断が難しかったのですが、初任給が高く発展途上の会社をピックアップしました。

 

中でも長い間求人を出している会社に目をつけました。

長い間求人を出している会社と言うのは、人が集まらないか、会社の人間の入れ替わりの回転が速いかのどちらかの可能性が高いと感じます

言い方に問題があるかとは思いますが、要はブラック企業に近いのではないかと考えられます。

 

あえてこのような企業を選ぶ理由としては、回転率が高い会社であれば長くいれば上に行ける可能性が高くなる。

発展途上なのでうまくいけば会社規模が大きくなったときの恩恵を受けやすい、と考えたからです。

 

結論から言えば、前職からの転職が大成功しました。

 

初任給が高く長い間求人を募集している希望職種の案件があったので、その企業が欲しそうな履歴書を作成し応募、面接までこぎつけました。

職業訓練所で学んだ面接での立ち振る舞いが役に立ち好印象でその日のうちに採用連絡をいただきました。

 

入社してからは予想通りブラックなところがある会社で、社員の回転率が高くそんなに大きな企業ではありませんが入社5年で課長まで昇級が出来ました。

もちろんお給料も入社当初に比べたら大幅にアップしています。

 

どのような転職が成功と言えるかは人によって変わってくるとは思いますが、私は自分の目標としているところまで順調にたどりつけているので今回の転職活動は成功と思っています。

成功の定義をどこに置くかは人それぞれとは思いますが、私はこのような目標で転職を成功させました。

 

ブラックというのは、考え方によっては採用されやすく、昇格しやすいのです。かなり時代の逆を突いた発想ですが、これはこれで仕事にありつけているので嬉しいです。

仕事好きな方は、別にブラックもブラックじゃなくなりますから

 

もちろん、酷いブラックは辞めなきゃですけど、スキルとキャリアアップへの利用は可能ということです。

図書館司書になれたのは、相手のことも考えて行動できたから

 

現在、図書館司書として働いています。 昔から本が好きで、いろんな人の家に遊びに行っては本を読ませてもらっていました。

 

そんな経験から、図書館司書の募集をしていることを家族から教えてもらい、応募することにしました。 家族に教えてもらいつつ、書類の作成などはハローワークに頼みました。

 

履歴書と職務経歴書を送付して書類選考後、面接を行うということだったため、履歴書作成には力が入りました。

求職期間にハローワークにて教えていただいた知識を総動員して、履歴書選びから気を配りました

 

今の時代、百円ショップにも履歴書は売っていますが、自分自身の魅力や熱意を書けるフォーマットになっているのかどうかにこだわりました。 そうして、どうしても仕事がしたいという思いの丈を存分に込めて書き上げました。

 

その後、以前通っていたキャリアアップスクールの先生に「図書館司書に応募する予定です」と報告しました。

私に合っていると先生は喜んでくれましたが、それをきっかけに私の脳裏には授業の内容が蘇ってきました。 コーチングの技術を使った「相手の気持ちを考える」授業です。

 

私は図書館司書になりたい!という気持ちだけで履歴書と職務経歴書を作成したけれど、雇い入れる側の気持ちは全く考えてなかったことに気づいたのです。

 

そのことに気づいて見返してみたところ、やはりちょっと違うなと思いました。

 

公共図書館の図書館司書なので、雇い主は教育委員会でした。 彼らが求める人材はどういう人だろう? 一旦、作成した履歴書と職務経歴書は破棄して、一から考えてみることにしました。

 

自治体の職員が一緒に働きたいと思う人は、真面目で冷静で思慮深く、周りとの協調性がある人ではないだろうか。 もちろん仕事には積極的に取り組み、いろいろ任せられる安心感のある人のような気もしました。

 

そう思うと、最初に書いた履歴書と職務経歴書の書き方では絶対に受からないだろうとも思いました。

 

熱意が高じすぎて暑苦しい履歴書になっていたものを、今度は落ち着いた志望動機、自己アピール、資格記入欄へと変更しました。

 

今の自分が持っているすべての労力を使って書き上げた履歴書と職務経歴書は、今までで一番自信を持って提出できるものに仕上がりました。 結果は採用でした。

 

それも書類選考のみで面接は行わないというサプライズ付きでした。 応募が私一人だったのかな?とちょっと拍子抜けしたのは事実です。 ですが、採用されてからしばらくして尋ねたところ、数ある応募者の中から3人の面接官が一致して選んだのが私の履歴書だったそうです。

 

それを聞かされたとき、心の中でやった!と思いました。 熟考に熟考を重ねて、履歴書を書いた甲斐がありました。 自分の思いだけではなく、相手のことも考えて行動することが大事なのだと確信できた出来事でした

 

興味があれば、図書館司書のなりかたを参考にしてみてください。

www.kokutyu.jp

実は知られていない、求人サイトとエージェントの掛け合わせ

現在31歳、フリーランスになっていますが、過去に正社員、フリーター(アルバイター)、派遣社員、業務委託とあらゆる転職に求人サービスを利用させていただきました。


その中で5年ほど前に派遣社員(IT職)から正社員(不動産営業)への転職時の経験です。


派遣社員より以前にもアルバイトの掛け持ち等で検索に使っていたのはリクナビNEXT」「タウンワーク」「フロムA」の3つでした。

 

これらはサイト自体の見やすさもありますが、他サイトでは給料等の待遇面が実際よりも上乗せされていたり、かなり前に募集終了になっている案件までも載っていたりと、効率が悪い&トラブルの元になるため避けていました。

 

ただし、この時、最終的に決まったのは転職エージェント「DODA」です。


なぜ有用な求人サイトを挙げているのに、最終的にエージェント紹介による転職なのかは後述しますが、この時の転職は私の人生の転職(計6回)の中の5回目だったのですが、過去の4回をどうしてそうしなかったのかと後悔するくらい、希望の会社に不安なく転職できました。


過去4回の転職失敗?の経験を持つ私が、5回目の転職で何よりも考えたのが「失敗しない」こと。今ではこれが成功のポイント、コツであったと考えています

 

転職時のよくある失敗として、

「入社後に職場環境が想像と違うことに気付いた」

「求人広告に書いてある待遇と実際の話(就業規約)が違った」

 

というパターン、そして

 

「収入アップを望んだのに年収が上がらなかった、スキルアップを望んだのに仕事環境が変わらなかった」

「自分の希望してた業種・会社で募集があったことを知らなかった」

 

というパターンがありますが、前者は「求人サイトのみ」を利用した際に起こる失敗(自己完結型の失敗)、後者はエージェント任せにしてしまうために起こる失敗(他人任せ型の失敗)です。

 

求人サイトも転職エージェントもどちらが優れているわけではなく一長一短なので、それぞれの良い点だけを使うことを考えて見ます。

 

求人サイトの良い点:条件を変えたりなどして多くの求人情報を見られる。自分のペースで、隙間時間に見られる。等々

 

求人サイトの悪い点:広告だけでは会社環境(実情)は判断、想像しにくい。サイトによっては終了済み案件であったり条件が高く(不正に)なっている。等々


エージェントの良い点:プロが自分にあった案件を紹介してくれるため手間がかからない。未公開案件も稀にある。


エージェントの悪い点:良くない会社だと採用率の高いブラック会社ばかり勧められる。担当員とのフィーリングが悪いとどうしようもない。


つまり、情報収集(求人の相場感覚をつかむ)ために「求人サイト」を利用し、信頼できる「エージェント」に紹介してもらう。ことでリスクを回避すること(失敗をなくすこと)が最も重要なポイントであったと思いました。

 

この、求人サイトとエージェントの掛け合わせはあまり行っている人はいないのですが・・。何が何でも、いい会社に就職したいという人はやるべきです。

 

面倒臭いという感覚のツケは、こういうところに出てくるものですから。

コンサルタントを使って事前に準備した質問と80%一致!

ITのシステム会社に勤めていた私は、会社の給与体系に不満を持ち、転職活動を開始しました。

始めは、企業の中途採用に直接応募し、10社ほど面接を受けましたが、結果はすべて不採用でした。

 

どこにも採用されず転職活動を諦めかけていた時、友人からDODAの転職エージェントサービスを紹介されました。

 

一先ず、行動を起こさないことには何も始まらないと思った私は、会員登録を行い、初回のカウンセリングを受けに行きました。

 

担当のコンサルタントは、コミュニケーションスキルが高く、経験も豊富で、非常に物腰の柔らかい方でした

 

エージェントサービスと担当コンサルタントの人柄に惹かれ、DODA経由で転職活動を行うことにしました。

転職活動の流れは、

 

コンサルタントからの私への要件定義

②要件にマッチする企業の紹介

③自分が気に入った企業のピックアップ

④企業面接

となります。

 

私が転職先を選ぶ一番の条件は、年収200万アップでした。コンサルタントは、そこに重点を置いて、複数の企業を紹介してくださいました。

 

その中から、私が数社ピックアップし、実際に面接を受けることになりました。

面接前の事前準備として、まずはコンサルタントから職務経歴書の記載方法を教わりました。

職務経歴書の一番の目的としては、自分が技術者としていかに優れているかをアピールすることが大事だと言われました。

 

その際、自分で企業に応募していた時の職務経歴書の内容が希薄だったということを痛感しました。

 

ただ、自分が遂行してきたプロジェクトの紹介をしていただけで、自分のことを全くアピールできていなかったのです。

 

コンサルタントは事細かに記載内容を添削してくださいました。

 

続いて、面接対策を実施して頂きました。経験豊富なコンサルタントだったため、

「この企業はこういった質問をすることが多い」、

「こういった回答をすると採用されやすい」等の情報を持っており、企業毎に対策を講じました。

 

そして、実際企業に面接を受けに行きました。面接中、本当に驚いたのですが、コンサルタントと対策で備えていた質問が約80%的中し、準備していた通りに受け答えすることができました

 

その結果、4社中4社採用の通知を頂きました。その中から年収のアップ率が一番高い会社(250万程度)を選び、無事に転職することができました。

 

転職活動経験が無い私にとって、転職エージェントを利用することで、職務経歴書の記載方法や面接対策、企業への金額交渉をして頂いたことが成功に繋がったと確信しています。

こちらの20代向け転職アドバイスなどを見ても、エージェント制度としてコンサルタントをおすすめしている人は多いですから。

 

転職エージェントを進めている方は多いので、実際に利用されてみると良さがわかるということでしょう。

 

今後、誰かに転職の相談をされた場合、真っ先にエージェントを紹介しようと思っています。

ジョブカフェ利用を頑張りました

20代や30代をターゲットとした求人が多く集まる「ジョブカフェ」を利用しました。

 

ジョブカフェハローワークと似てる部分もありますが、20代や30代に特化した求人を中心に仕事を紹介してくださったりハローワークに比べると利用対象が狭いので、よりじっくりと親身に相談に乗っていただけます

 

また、同世代の方が集まってセミナーを受講することで良い刺激にもなりました。

 

ジョブカフェでは求職相談だけではなく、履歴書の書き方や面接対策、ビジネスマナーや電話応対の方法も学ぶことができます。

 

しかも、そういったさまざまなセミナーを無料で利用できるのが魅力です。

 

求人チラシや雑誌も用意されていて、自由に閲覧することができます。就職関連の雑誌なども用意されていますので仕事を探してるときの気分転換にも勉強にもつなげることが出来ます。

 

 

ハローワークよりも、相談しやすい雰囲気で、紹介してもらった際にジョブカフェを利用して就職した人がいるかどうかだったり、職場環境といった面接ではなかなか分かりにくいこともしっかり教えてもらうことができました

 

どういったところが苦手なのか弱いのかを伝えることで、弱みを強みに変える対策を親身になって考えてくださいました。

仕事の探し方のポイントやどういった形で自己PRをした方が良いのかも一緒になって考えてくださり、1人で考えるよりも良いアイデアを得ることができ、面接で自信を持って答えることができました。

 

書面では分からない部分を丁寧に親切に教えてくださったことで、不安を軽減させることができました。

電話や面接で聞きづらいことや職場の人間関係といった聞いたら失礼になってしまうのではと思う事に関しても教えてくれたことが、安心して転職活動を進めることができた要因です。

 

評判もいいですし。ジョブカフェ利用者のブログ30代のジョブカフェ

 

ジョブカフェのスタッフがパイプ役になってくれたことで、面接先の企業でジョブカフェを利用して見つけたという人が多くて今でも一生懸命働いてくれていますよ。というお言葉を聞く機会が多く、ジョブカフェを利用した人がいるという心強さや信用の厚さを感じました。

 

セミナーも就職や転職活動の他に、マナーや電話応対の方法、人間関係の築き方やコミュニケーション方法といったハローワークでは見れないセミナーが多かったです。

 

これからも役立ちそうな内容のものが多く、たくさん受講することで色々な知識を得られたのは今の職場で働く上でも自信となっています。

 

ジョブカフェを利用してみて、さまざまな角度から就職活動や転職活動を進めることができ自分のやりたい仕事が見つかりやすいと感じました

面接後に忘れられている、お礼のメールを送付しなさい

私は転職経験が1度あります。

新卒で4年半勤めた後に、転職しました。転職する前に、働きながら服飾系専門学校に週1回、1年半通いました。

 

前職はサービス業事務とそれからの異動でカフェの店長を経験しました。

手に職をつけようと、在職のまま通い始めた専門学校ですが、転職するかは五分五分の気持ちでした。

 

業界が違うので、転職できるか不安もありました。

前職は男性優位の会社で、大卒で入社したものの、同期入社の男性と同じように昇進できず、給与体系も違うことに疑問を持ちながら働いていたので、いずれ転職したい気持ちがありました。

 

実際転職のきっかけになったのは、通っていた、服飾専門学校の1年半のカリキュラムを修了したことと、共に学んできた友達が、アパレル業界に就職が決まったことが、私の転職心に火をつけました

 

そこでリクナビネクストで見つけた求人に2件応募しました

1件目は実技試験と面接があり、不採用にあっさり・・。

 

もう1件は、面接のみで、マンションの1室をオフィスとする、社員30名程のアパレルOEM会社でした。

 

面接を受けていた当時もまだ、前職で働いていて、前職は社員数が数百人規模の比較的安定した企業だったので、この面接を受けた会社に少しの不安を覚えましたが。

私も未経験の業界に飛び込むこともあり、とにかく業界で経験を積んで、次に活かそうという気持ちで、面接に臨みました。

 

結果、十数人面接者がいた中で、私1人が合格したのですが、私がうまくいったコツは、面接後すぐに、採用担当者にメールして、面接をしていただいたお礼と、やる気がある旨を伝えたことだと思います。

 

この方法は、面接マニュアルにも出てくる、よく知られた方法だと思いますが、今回面接した人のなかで、面接後に連絡をしたのは、私1人であり、それが決め手になったと後から聞きました。

 

ダメでもともとなので、やらないより、やった方がいいとお勧めします!

 

転職先のこの小さな会社は、良心的ないい会社で、未経験にもかかわらず、前職の給与を考慮していただいたり、2人の子供を出産した際も、育児休暇を経て復帰させてもらいました。

 

もし、私が転職していなければ、以前勤めていた会社は結婚または、出産で退職する女性がほとんどでしたので、私もそうなっていたと思います

 

思い切って転職したからこそ、働きながら子供を育てる、という道が拓けたのだと思います。これから転職を検討されている皆様にも、いい会社との出会いがありますように。

 

意外と忘れられがちな、面接や試験後のお礼のメールですが、やはり送るに越したことはありません。とりあえずの気持ちでも、添えておくくらいはしておくといいですよ

地元志向のインタークロス宮崎が良い!

30歳男性です。わたしは、ほとんど知られていないかもしれませんが宮崎県内の求人情報を提供してくれる求人サイト「ハコブネ!」を利用して転職活動をしました。

 

運営している会社は宮崎市内にあり、現在は「インタークロス」という名称のサイトで求人情報を提供しているようです。

 

 

25歳当時のわたしは、宮崎市内にある弁護士事務所で事務員として勤務していましたが、法律関係の業務が大変難しかったため、建設業界の営業職に転職したいという希望を持っていました。

 

転職先に関するビジョンはわりと明確だったのですが、ハローワークなどに行って紹介された企業にエントリーしても未経験であるゆえに書類選考で不合格となることがほとんどでした。

ハローワークを使った転職活動には行き詰まりを感じていました。

 

そんな時、友人から「宮崎市内の会社を重点的に紹介してくれる求人サイトがある」と紹介してもらったことがきっかけで、ハコブネを見るようになりました。

 

単なる求人情報サイトではなく、企業のことが一社一社かなり細かく書かれていて、具体的な業務や社内の雰囲気、また転職後のキャリアアップの様子がはっきりとイメージできるサイトであるところが印象的でした。

 

早速ユーザー登録をしました。自分が希望している職種に合わせて毎週新着求人情報をメールで受け取るサービスもあったため、早速活用してみました。

 

掲載される企業がどれも地元の企業で、しかもなじみのある会社ばかり。

この求人サービスならうまく情報を取り入れることで良い転職ができるのではないかと希望が見えてきました。

またユーザー登録をしていると、登録者限定の非公開企業情報なども入手することができました。

 

実はその中にあった一社に応募したことが、現在働いている企業に出会ったきっかけでした。

 

その非公開企業の情報を見たとき、この会社なら未経験可とうたわれているし、自分がイメージする建設業の営業職と内容が似通っているため、一度応募してみたいと思ったのです。

 

電話での応募の後、すぐに書類選考がありました。

書類選考にも通ったため数日後に面接がありました。実はハコブネに募集要項がかなり詳細に記されていたため、面接の段階ではかなり詳しくその会社の情報を得ておくことができました。

 

また求人条件についてもかなり明確に記載されていたため、不安もありませんでした。

最終的にハコブネの求人サービスを利用してみごと弁護士事務所から測量会社への転職を果たすことができました。

 

今はその会社で長期で勤務していきたいと考えています。