読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転職が上手く行くことなんてあるの?実話で聞くガチ体験談

転職しても、良い事なんて何もない!と思いがちな方に向けた転職体験のコツをまとめています

多くの転職サイトに登録して、色んなところで相談していく姿勢が大事

転職活動を始めたときは「リクナビネクスト」と「エン転職」と「マイナビ転職」の3つを利用していましたが、なかなか思うようにいきませんでした。

途中でリクルートエージェントに登録し、面談をして転職のアドバイスをもらってからは少しづつうまくいき始めました。複数に登録して頑張るのは必須のコツですね

 

初めての転職なので就職活動の時とは勝手が違ったのでリクルートエージェントのサポートはかなり助かりました。

 

実際に何が役に立ったのかというと履歴書の作成や職務経歴書の作成する際のポイントを教えてくれ、チェックしてくれたことです

チェックをしてもらってからはサイト上でもスカウトが来たり面接まで行ける件数が増えていきました。

面接でのポイントも教えてくれるので初めての転職の際は転職のプロに聞くことをお勧めします。

 

ここまでは多くの方が利用しているかと思います。

その中でも私がうまく就職に結びつけたコツは人脈だと思います。最終的に転職活動をしている中で多くの知人のサポートももらいました。

その中で転職したい企業の人事とつながりを持っていた友人がいて紹介をしてもらうことができました。

 

リクルートエージェントに転職のアドバイスをもらい利用しながらも多くの知人の話を聞き、徹底的に行動していきました。

人脈だけでは話は進まなかったと思うのですが、転職の相談をするという行動を起こしたことで紹介につながったのではないかと思っています

 

仕事を変えることは勇気がいることなので、行動がどうしても鈍くなってしまうのですが。どれだけ積極的に行動できるかだと思います。

 

私は使えるものは全部使おうをリクナビやエン転職やマイナビ転職やリクルートエージェントを利用しましたが多くの情報を得ることができたからこそ人脈を活用することもできました

 

さらに情報をいろいろな知人から聞いていたので、より深い業界の情報も得ることができ面接もうまくいったのだと思います。ブログなどで、イケダハヤトさんの記事などは読んで勇気をもらっていました。

 

就職活動の時もそうですが、事前に企業調査や自己分析がしっかりとできているかどうかが採用につながるカギになると思いました。

 

ただし、新卒での就職活動と大きく違うのは、転職を成功させるためには強みだけでなく、前職でどれだけ実績を出してきたのかや入社したら何ができるのかを明確に伝えることができなければどれだけ人間性が良くても採用にはつながっていきません。

 

これは転職だけにいえることではないと思いますが、人間性と実績そして人脈や行動力そして企業調査ができているか、すべてができたからこそ転職がうまくいったのだと思います。