読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転職が上手く行くことなんてあるの?実話で聞くガチ体験談

転職しても、良い事なんて何もない!と思いがちな方に向けた転職体験のコツをまとめています

仲介サイトを通せば、希望もすんなり言いやすいですよ

求人サイトを利用せよ

看護大学卒業と共に、地方の総合病院に就職しました。

ICU、内科勤務を経験し、最終的には循環器センターに配属され勤務しました。

就職して数年は、覚えることがいっぱいで仕事中心の毎日でした。

それでも少しずつ仕事に慣れてくると、新人指導や学生指導などを任されるようになり、気づいたら経験年数も10年程度に達しました。

 

仕事はそれなりに楽しいと感じますが、大きい組織の中の駒として働き続けることに

疑問も感じはじめ、転職を真剣に考えるようになりました。

 

そんな時にテレビで離島医療の特集がやっており、それを見終わった時には

私も携わりたいと思うようになりました。ドラマなどでもブームもありましたし。

 

しかし離島で働くといっても、地元からはかなり離れており、働きながら転職活動をするのは難しいかもしれないと感じました。それにどのように職場を探せばいいのか分からないことだらけでした。

 

それでもインターネットで検索をすると、病院と働く側の間を仲介してくれる業者があることを知り、登録をしてみました。転職の条件や場所などを伝えると、様々な求人を紹介していただきました。

 

また離島などの遠い地域は、病院が所有するアパートなどもあり、そこに住めることや引越し費用も負担してくれるなど様々なサポートが受けられることを知り、真剣に考えるようになりました。

 

面接に関しても、遠方者は電話での面接になるため、わざわざ休みを取得して行く必要性もないことに驚きました。

ただ、実際に働く場所や住む地域は知りたかったので、休みが取りやすい時期を見て下見は行いました。

今までと全く違う環境で働くことは、大変ではあるものの新鮮さも感じ転職を決意。

ただスタッフ不足の現在の病棟で、退職できたとしても3月末日まで働かなくてはならない可能性もあり、いつ引越しの準備をすればいいのか、果たして4月から働けるのか不安もありました。

 

しかしそんな不安も仲介業者に相談すると、就職先と交渉をしてくれて5月からでも可能という返答をいただけました。

 

これからお世話になる就職先に、こちらから直接条件を提示するのは気が引けますが、

仲介業者を通せば、罪悪感も少なく自分の希望も言いやすかったです

 

一旦、半年契約の派遣として仕事が決まり、引越し作業なども余裕があるため、スムーズに進められています。

 

まだ転職する前ですが、このまま退職まで離島で働くことはないと思います。また転職しようと思ったら、今度も1人で転職活動を行うのではなく、仲介業者を積極的に利用し、自分の条件に合った職場を見つけていきたいと思います