読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転職が上手く行くことなんてあるの?実話で聞くガチ体験談

転職しても、良い事なんて何もない!と思いがちな方に向けた転職体験のコツをまとめています

母になっても働ける場所を探すなら求人サイト

 

以前は、整形外科の病棟に勤務していました。現在は転職をして訪問看護ステーションで勤務しています。

 

看護師としての勤務は約15年程度あり、訪問看護にくるまでは、ほとんど病棟勤務を経験していました。看護師というのは、病棟に勤務するからこそいろいろな実践を学ぶことが出来るし、夜勤をするからこそ、給料が期待できるという考え方からでした。

 

しかし女性には、結婚や出産というライフイベントがありますよね。

 

第1子を出産し、1歳半で職場に復帰をしてから、育児と仕事の両立の難しさを実感しました。第1子だけの時は、まだ夜勤を行っていたのですが、更に第2子を出産してからは夜勤をすることの難しさも実感したのです。

 

 

そして考えたのが、夜勤のない訪問看護ステーションだったのです。ただ私が転職を考えていろいろ探した時に訪問看護だけを探したわけではありません。

 

外来や健診センターといったものも探しました。しかし最近の求人を見ると訪問看護の求人数は圧倒的。この時代の波からは避けて通ることが出来ないと感じたのです。

 

 

本格的に訪問看護の求人を見てみると、やはり夜の対応があるので、当直をしなくてはいけないというところも多かったです。

 

しかし現在の訪問看護は、まだ子供が小さいですし、まだ訪問看護の世界に慣れていないということで、当直を免除されているのですね。

 

自分に自信がついてから、また家族の状態をみて、夜や休みの日の対応が出来るようになってからでも良いと言われているので、とても助かっています。

 

またそのような対応を認めてくれる上司と職場の仲間にも感謝ですね。この訪問看護の求人を見つけた時には、基本給は安くて嫌だなと少し不満にも思いましたが、育児をしている私にとっては育児サポートがあるので、助かっています。

 

実際に私の転職を成功させたコツは、やはり求人をたくさん見て、その中から選りすぐったということです。

 

またわたしは転職サイトに登録をして探したのですが、いろいろな病院の育児サポートや聞きにくいことは、転職サイトの担当者を通して聞いてもらうようにしました。自分では聞きにくいことってありますよね。

 

でも就職する前に聞いておきたいこと。

 

その場合は、転職サイトに登録をして聞いてもらうと良いですよね

 

実際、私は給料面では満足できない部分があったのですが、担当者に聞いてもらって、基本給の5000円アップをすることが出来ましたから

上手に利用して納得いくまで探すこと。そして転職を成功させることが大切です。