読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転職が上手く行くことなんてあるの?実話で聞くガチ体験談

転職しても、良い事なんて何もない!と思いがちな方に向けた転職体験のコツをまとめています

派遣会社から見学に行った会社

 

私は大手の工場の作業員から、システムエンジニアに転職しました。

 

私は、工業高校に通っていました。就職活動は、高校3年の時でした。その頃は、バブルの後期だったので、1人に4社選べるほど、求人数がありました。

 

私は、その当時はやりたい仕事がなかったので、大手に入れば安泰と思っていました。

 

高校をそ卒業し、大手の工場に就職しました。仕事の勤務体系は、3組3交替勤務で、フッ素樹脂を原料とし、レーザープリンタの部品を作っていました。

 

入社してから5年位で、班長になったのですが、その頃から今の仕事に疑問を持つようになりました。本当に私がやりたい仕事なのか?このまま、定年退職まで仕事を続けるべきか?

この頃は、まだ仕事を辞める事に悪いイメージがありました。

 

私は、流されながら9年経っていました。その時、たまたま見たニュースでIT業界が急成長し、技術者が足らないという内容でした。

 

私は、このニュースを見た時に、学生の頃を思い出しました。私が中学の頃に、パソコンゲームが流行りました。

 

しかし、この頃のパソコンは高価で、30万円以上する品物だったので、学生の私ではとても買える物ではありませんでした。

 

いろいろ調べて、見つけたのが、家庭用テレビに接続出来るMSXという低価格のパソコンの存在を知りました。私は、お年玉で早速、購入しました。

 

もちろん目的はゲームでした。しかし、このパソコンには、プログラムが組める機能が付いていました。私は、プログラムに興味があり、遊びながら独学で覚えました。

 

理解できれば出来るほど、すごく楽しかったです。工業高校に入学したのですが、驚いた事にプログラムの授業がありました。

 

私は、習う事はすべて理解していたので、教える側で授業に参加していました。単位も10でした。それからも趣味でたまにプログラムを組んで遊んでいました。

 

卒業研究もプログラムでソフトを作成しました。出来上がった時は、本当に嬉しかったです。この学生の思いが、私の頭の中で、プログラマー職業が浮かんできました。

 

私は、人生の選択と思い悩み続けていましたが、やはり満足の行く仕事がしたいという事で、大手の工業を退職しました。

 

仕事はしなければ、食べていかれないので、派遣のラインで働きながら、資格を取る事にしました。

 

半年かかりましたが、何とか資格を取得できたので、派遣会社を辞め、就職活動を開始しました

 

ハローワークに行き、何社か面接をしましたが、採用してくれる会社はありません。

 

面接でわかった事があるのですが、システム開発の会社は中途採用で、初心者を採用する事はほとんど無いという事です。私は、もう後ろに戻れないので、このままひたすら、就職活動をしました。

 

そして出会ったのが、地元にある派遣会社です。派遣のコンサルタントさんと話していると、見学だけでも・・と誘われる案件がありました。

 

急いで仕事を見つけたかった私は、早速、次に日から通いはじめました。

 

システム開発の会社の雰囲気、作成中のシステムを見せてもらったり、簡単作業をやらせてもらったり、参考書を読ませてもらったりと本当に嬉しかったです。

 

私はこの会社で働きたいと思い、社長に話をしたら、社長も採用するつもりだったのです。私は次の日から、システム開発会社のプログラマーになりました。

 

これで、私の転職活動が終わりました。派遣からの見学もバカにできない効果がありますね。

 

私は、同じ年の人たちに追い付きたいという気持ちが大きかったので、がむしゃらにひ仕事をし、経験を積みました。

 

2年程経ち、私はプログラマーからシステムエンジニアとして働く事になりました。これが、私が人生の選択という転職の内容です。

 

今では、趣味でも仕事でもパソコンを触らない日はありません。