読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転職が上手く行くことなんてあるの?実話で聞くガチ体験談

転職しても、良い事なんて何もない!と思いがちな方に向けた転職体験のコツをまとめています

ハローワークから、求人サイトに変えた途端に好待遇♪

求人サイトを利用せよ

私は、学歴や資格や職歴などが自慢できるものが全くありませんでした。

どうしたら良いかわからない状況。

 

ハローワークに通ったりしましたが、自分に応募できる仕事は、夜勤とか低賃金なものばかりでした

 

それでも転職雑誌を粘り強く毎週何冊も買って仕事を探していました。残りの時間は、世間一般で高い需要があり、自分の能力でも取れそうな資格の勉強をしていました。

 

まずは、エクセルを勉強しました。スクールに習いに行くお金が無かったので、市販の本を買い、自分のパソコンを使って勉強しました。そして、合格しました。

 

エクセル資格保持者の求人があったので応募しました。いままで応募してきた仕事よりも少し時給が高くて嬉しかったです。

 

採用されそうになりましたが、もっと他の資格を勉強して取ってから求人に応募したほうが、もっと待遇の良い仕事につけるのではないかと思いました。

 

CADと言う資格の勉強を始めました。これは自分にとって難しかったので、1級はダメでした。2級に合格したので仕事を探しました。

 

そこからは、転職応援サイトと言うサイトを利用しようと思いました。

 

今まで自分が応募してきた待遇とは段違いの仕事を紹介されました。本当に信じられないくらいの好条件でした。

 

普通の人が取れる資格を一つ取って、転職応援サイトを利用しただけで、こんなに変わるのかと思いました。面接には、転職応援サイトの人にも同席してもらいました。

 

面接の後半は、ほとんど転職応援サイトの人が答えていると言う感じでした。

 

よくそんなふうに答えるなって思う事もありました。しかし、転職のプロの人なので、任せていました。

 

私は、前日に教わったとおりになるべくポジティブに応えていました。

 

「何々が出来ない」とか、「自信がない」とかは言わない方が良いとアドバイスを受けていたので、それをしっかりと守っていました。

 

面接に行く道中の車では、転職応援サイトの人にずっと励まされていました。おかげで面接は緊張をしすぎる事がなくうまくいきました。

 

そして、うまく合格する事ができました。

 

合格して思った事は、日本には会社がたくさんあって、私のような者でも好待遇で迎えてくれる会社があるんだなと言う事です。

 

そして、よくその会社を探せるものだなーと感心しました。私の結論としては、就職・転職活動は、粘りが大切だと思いました。

 

探し続ければ改善策にいつか気付くし、手伝ってくれる会社との接触もあると思います。おすすめは転職サイトで手伝ってもらう事ですね。これが私のコツです。

 

今では、お金を出して転職たの本を買ったり、資格を取っていたことが悔やまれるところ。まずは、求人についてプロの方に意見をもらうことから始めましょう。