読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転職が上手く行くことなんてあるの?実話で聞くガチ体験談

転職しても、良い事なんて何もない!と思いがちな方に向けた転職体験のコツをまとめています

文章力に自信が無くても、直接会えば何かが変わる

 

私はマイナビ転職フェアで転職先が決まりました。

 

前職もシステムエンジニアのため、今回も同じ職種での転職を希望していました。

未経験の職種より、経験のある職種での転職の方が、給与面で上回るため、他の職種を探そうとは考えていませんでした。

 

私の地方の転職フェアでは、30社程度出展しており、その中でシステムエンジニアの職種を募集しているのは、わずか10社だけでした。

 

数も少ないため、すべてのブースで話を聞くことにしました。

私が想定給料を支払ってくれるのか、どのような仕事をするのか、転勤はあるのかなどを聞いて回りました。

 

面接ではないため、ここで採用が決まるわけではないため、聞きたいことは率直に聞くように心掛けました

 

また、話を聞く中で、私が是非入社したいと思ったブースでは、履歴書と職務経歴書を渡すようにしました

 

履歴書、職務経歴書は転職フェアでは必須ではありませんでしたが、少しでも他の方と違ったアピールをして記憶に残れればという思いから、そのような手段を取りました。

 

履歴書というと写真が必要かと思いますが、あくまでアピール用の資料という位置づけで、証明写真を貼るのではなく、パソコンにスキャンした写真のデータを履歴書に印刷したものを渡すようにしていました。

 

このようにすれば、予算をかけずにアピール用の履歴書を作成することができます。

 

アピールの甲斐があってか、転職フェアから、実際に面接に進んだ企業からは、すべて内定を頂きました。具体的には3社から内定を頂くことができました。

やはり、上述のアピールが良かったのかと思います。

 

ただし、履歴書、職務経歴書を渡すというのは、あくまでアピールの一環に過ぎず、

私自身がどのような貢献をできるのかということを必ず伝えるようにしていました

面接で一番大事なのは、自分自身という商品を、採用する側の人間に欲しいと思っていただくことです。

 

結果、3社の中から1社を選んで入社。現在も、この内定を頂いた会社で働いています。転職フェアで、十分に待遇や仕事の内容を聞いていたため、私が想像していた働きかた、待遇とマッチしており、この転職は成功したと感じています。

 

応募式の就活では、書類選考も通過せずに不採用となってしまいますが、転職フェアでは、企業の採用担当者と直接会話することができるため、印象に残れば、そのまま次の先行へ進むことができます。

 

文章力などに自信の無い方には、転職フェアへの参加をお勧めします。

企業情報などはしっかり把握。企業にとって、何ができるのかを明確に。

 

リクナビNEXTやenjapanを使い転職活動を行いました。転職サイトが複数あるなか、情報量と質から主にこの2つをよく利用していました。

 

転職へ結びつけたコツとしては、自分で明確に転職後の姿をイメージ出来るか、また自分の強みと弱みをキチンと明確に把握しているかどうかだと思います。

 

その為にはまず情報収集が欠かせません

自分の今の職種を活かして転職するならそれに類似する企業が対称だし、今の職種とは違う職種への転職を希望するならその情報が必要です。

 

ただし成功確率として高いのは前者です。当然採用する側は何かしらの企業にプラスになる要素を転職希望者に求めます。

 

その際、全く経験がない人と経験者とを比較したときにどちらを採用することが企業にとってプラスかを考えれば答えは出て来ます。

 

このように「もし自分が相手だったら」という考えは常に持つべきです。転職までは長い道のりです。試験や面接も1回では終わらないのがほとんどです。

この時に、もし自分が採用する側だったら今のこの面接の意味はなんだろうとか、この質問で相手は何をしりたいんだろうとか相手側に立ってぜひとも考えてください

 

この考え方が身に付けば、相手の求める回答に的確に答える事が出来て好印象を与えます。

 

あと企業訪問する際は社内パンフレットを熟読して行って下さい。そして自分が気になった事をただ質問するのではなく、その気になった事に対して自分はどういう事が出来るのか、自分だったらこう考えますがどうでしょうか?

 

など、相手に新しい提案をするという形式に持っていき、自分の考えをキチンと言えるようにすると、なお良いと思います。

 

最後に転職活動において一番重要だと思いますが自分自身の棚卸しは絶対に行ってください。自分の強みや弱み、スキル、人脈、など自分がどういう人間で何が出来るのかを知る事は転職後においてもとても重要なファクターの一つだと思います。

 

自分の能力で希望する企業に対して何が出来るのか、自分を雇用する事によってその企業にどのようなメリットが生まれるのか、これは絶対に考えていきます。

 

人一人を採用するという事は企業は基本その人を定年まで雇用する前提で雇います。

 

定年までのその人の人生を何千万、何億で買い取るわけです。当然その買ったお金以上の見返りを企業は要求しますので、それに見合う自分の能力を提示できなければ雇ってもらえないと思い、この自分の棚卸しには一番時間をかけて取り組んでいきました。

私なりにまとめた就活のコツ。とにかく前に進もう

本当に誰でもできるような事務系の仕事をしていた際、手に職をつけたいと考え転職活動を行いました。

 

転職情報のサイトは色々ありましたが、一番使いやすく見やすかったリクナビネクストを主に使用し、最終的に転職が決まったのもリクナビでの情報が元となりました。

転職した先の会社は本当に自分にとって働きやすく、結婚・出産などを経た後でも勤務しやすくあの時の転職活動が成功したなと感じています。

 

自分に合う会社を見つけた、就職出来たコツは幾つかあります

・はじめにゴールを決める

 XXの条件に一致している企業、などはっきりしたゴールを決めましょう

 ここがふわっとしていると、企業を見ていく内にどんどんブレて行ってしまいます。

・未経験の業種の場合、転職サイト内で何社も見る

 業界の雰囲気を感じ取る事ができます。そこでそもそも合っていないなと感じるのであればその予感を信じ、考え直す事も大事です

・目星をつけた複数社のHPを見る

 業種にもよりますが、HPがあまりに貧相だったりいいかげんな場合は少し警戒します

・臆せずとにかく質問電話!

 電話は緊張するという方も多いでしょうが、思い切って電話してみましょう。(条件などについてでも何でも理由をつけて)

 会社と自分とが初めて直に関わる瞬間です。その時の印象や雰囲気を大事にしましょう

・電話や面接をしてみて「違う」と思ったら辞退する勇気を

 雰囲気はよかったけど条件が合わなかったという場合、断りづらいと思います。ですが今後一生を左右するかもしれない事なので勇気を出して断りましょう

・相手企業とのやり取りをする際はコミュニケーション力を意識する

 担当者の方と「コミュニケーションをとる」という事を意識しましょう。

 相手がどのような事を聞きたがっているのかを考えたり、聞こえやすいようハキハキ答えたり。

 「マナーを守る」「綺麗に話す」という事ばかりに頭が行くのではなく、なぜそうすべきなのかを理解して話をしていると相手も気持ち良く会話ができるものです。

 今時はコミュニケーション力を求める会社が多いため、この点を常に頭に入れましょう。

 

どれも基本的な事なのですが、就職・転職時というのはどうしても相手の企業に対して臆病な気持ちが芽生えたりして行動力が無くなりがちです。

上述もしましたが、一生を左右する事かもしれないので自分を演じる位の気持ちで割り切って行動して行きましょう

個人的には、お芝居をしているつもりで就活すると、気持ちは前に進みます。 

 

落選しても落ち込まずゴールに向かってどんどん挑戦して行けば、きっと納得できる就職・転職となると思います。

強みを把握して、事前に企業を調べよ

私が転職活動をどのように成功につなげることが出来たのかをお伝えしたいと思います。

 

ポイントは自分自身の強みを把握すること、及び希望する企業への事前調査だと感じています。下記より転職に至った経緯や苦労した点も含めて詳しく述べていきます。

これから転職を検討される方に向けて少しでもお役に立てれば幸いです。

 

<転職を決意した理由>

それまではアミューズメント業に勤務していたため、休みが一定ではなく不規則な中での勤務でした。

また、重量物の上げ下げをすることもあり、腰に負担がかかったためか腰を痛めたりといったこともあり、転職をしようと決意しました。

 

<転職するにあたって>

転職するに際して今一度自分自身について棚卸しを行いました。

これまで関わってきた仕事や取り組んできた仕事について振り返りを行い、自分自身がやりたいことを考えた時に営業の仕事を行っていきたいという思いが強く芽生えてきました。

 

それまでは接客がメインでありましたが、自らは外に出てお客様と話をするということを行っていきたい考えに変わりました。そのため、営業職で募集をしている先を検討し始めました。

 

<転職先を探す上で利用した求人サイト>

利用した求人サイトとしては「リクルートキャリア」、「DODA」に登録を行い、求人情報の取得を行っていました。

エージェントへの申し込み依頼もありましたが、最初は活用しませんでした。求人サイトに掲載されている求人内容に対して私から応募するというスタイルで活動を行っておりました。

 

<苦労した点>

転職活動が最初だったということもあり、職務経歴書の書き方から面接時の注意点といったことに至るまで、試行錯誤しながらの取り組みだったため、苦労しました。

書き方については求人サイトに載っている「書き方のポイント」等の情報を参考にしながらまとめ、何度も書き直しを行いました

 

<上手く就職に結び付けたコツ>

結果的に就職に上手くつなげることが出来ましたが、敢えてコツを降り返りますと、結果としてよかったのは自分自身について棚卸しを行い、強みをアピールするところまで落とし込めたこと。

希望する企業に対して事前に調査を行い、どのような人材が求められており、それに対して自分自身がどのように貢献できるのかを十分アピールできるレベルにまで整理したことです。

この2点を行うことで、面接当日も自信を持って望めたと思っています。

 

<最後に>

転職活動は色々と大変なこともあり、心がくじけそうになることもあるかと思いますが、諦めずに自分の希望する企業への就職できるよう願っています。

しっかり担当者の人と打ち合わせして、話し合えることが大事

リクルートエージェントを利用して転職しました。

転職を考えていた当初、別のところに登録して活動していましたがうまくいかなかった時に知り合いの紹介でこちらに登録しました。

 

登録してまずは面談がありました。

最初は「特に目立った技術のない自分が登録できるんだろうか」と不安に思っていましたが、実際は勤務期間や経験を前向きに評価していただいたので、それがとても励みになりました。

 

やり取りは主にメールで行い、「こういう求人があります」と連絡をいただいて応募してみようと思ったら応募するという流れで進んでいきました。

担当者さんにもよると思うのですが、結構いろんな求人案件を紹介してくれたのはうれしかったです。

自分も「こういうところに応募できるのか」と新しい視点を得ることが出来ました

 

なかなか結果が出ない日々を過ごしていましたが、転職活動をするなかで改めて今の自分の仕事はどうなのかや転職することでどうなりたいのかを深く考えることが出来たのはいい経験だったと思います。

 

在職しながらの転職活動だったため、時間のやりくりにはとても苦労しました。

応募したいけれど先方との面談時間がなかなか合わなかったり、今いる職場に迷惑をかけないように気を配ったり…と当時はかなり大変でした。

 

仕事が終わってすぐに電車に乗って先方に駆け込むということもよくありました。

今思ってもよくやりくり出来たなあと思います。

 

自分なりのうまくいったコツは「よく話し合ってみる」ということだと思います。

これはリクルートエージェントの担当者の方や転職希望先の企業の方両方に言えます

 

一方的に話すのではなく、あくまで「話し合う」という姿勢が大事ではないかと終わってみてよく思います。

 

例えばリクルートエージェントの担当者の方ですが、メールでも直接でも今の状況や気持ちを率直に伝えることで「それではこういう企業はどうでしょう」とか「こういうことをしてみたら」と提案いただくことができました。

 

転職活動が上手くいっていない時に担当者の方と連絡を取るのは気が引けるところもあったのですが、自分だけでは気が付かないことを指摘していただけたのはとてもよかったです。

 

こちらからも疑問に思ったことや悩みを率直に話すことで頭の中が整理整頓されていったりと、だんだんどういう転職がしたいのかが明確になっていった気がします。

 

また、転職希望先の企業の方にも正直に向き合って話しました。

新卒の頃と違うなと感じたのは、お互いすでに社会人同士として向き合っているところでした。

会社勤めを経験しているとしていないのとでは、目線の高さがやっぱり違うんだなあと実感しました。

そのため、たとえその企業をご縁がなかった時でも双方が納得の上で合意できたのがよかったと思います。

 

転職活動というのは普段の生活では出会えないような人に会える機会があり、その中でいかに素直に自分と向き合った上で人とつながっていくのかを考えるいい経験になったと思います。

 

時間的に、早く締まってしまうハローワーク利用が厳しかったこと、担当者さんと綿密に打ち合わせできる環境ができたこと。これが、私の転職成功のポイントになりました。

 

リクルートエージェントは今も人気なので、お勧めしたい転職サイトです。

現在の仕事に疑問を持つのであれば、思い切って転職することがよい結果を生み出す

私は美容職から営業事務職への転職で成功しました。

美容の仕事とは、美容師専門学校で美容師免許を取得してからまつげパーマをすると言う手に職をもった専門職でした。

 

転職しようと思ったきっかけは、何歳までこの仕事を続けていけるのだろうと考えた時に、ずっと雇われる側で技術者としてだけ働いているのは厳しいのではないかと考えたからです。

 

年齢的に、小さいお店であっても開業するか、美容業でも裏方にまわるかが良いのではないかと思いました。

 

そこで、まず必要になるのが、パソコンを習得する事と考えました。私は実家を離れ一人暮らしをしていましたので、パソコンを習得するにもスクールはお金もかかりますし、どうすれば良いかを両親や周りの方にいろいろと相談しました。

 

そこで教えてもらったのが、職業訓練学校です。これまでのまつげパーマの職場は5・6年の勤務でしたので、ハローワークへ行き失業保険をもらっていましたので、職業訓練学校の事を知り早速ハローワークで相談しました。

 

誰でもが行けるわけではありませんが、前職の勤務年数などで無料で行けるということでこれに応募する事に決めました。

 

職業訓練学校の最終目的は仕事に就くことなので、“なぜその学校へ行きたいか・その技能が必要なのか”を審査する面談や一般常識問題のテストなどもありますが、やる気があれば頑張って勉強も出来ると思いますし、それ以上に面接の練習や履歴書の書き方なども勉強させてもらえるので、利用しなければもったいないシステムだと思います。

 

目的別に学校も通う期間も色々ありますが、私はもちろんパソコンスクールへ行き半年勉強し、仕事で使える程になりました。

 

スクールが終了後は、ハローワークでいくつも就職先の紹介を受け希望の営業事務に就くことが出来ました。

 

業種に関しましてもなんでもいい訳ではなく美容に関する仕事がしたかった為探す事も簡単ではありませんが。

ハローワークの方もしっかり話を聞き相談にのってくれました

 

転職のコツは、とにかくやる気はもちろん間違いなく必要ですが、就きたい仕事・やりたいこと・目指すところなど、自分の中で明確にすることです

 

私の場合であれば、相談したハローワーク側にしっかりと伝える事と、面接先でもその考えを伝えれるようにしっかりと準備をして面接に挑むことです

そうしたおかげで私は希望する会社に就職し、勤めてからもやりがいを持って仕事することができ、長く務めることができました。

現在の仕事に疑問を持つようであれば、変な気持ちのまま働かず、思い切って転職する事がよいと思います。

開き直って気分一新にがんばる!ありがちでも基礎は大事!

就職活動をしていた時、周りはどんどん決まり、正直焦りました。私は少し田舎の方に住んでいた事もあり、都会に憧れ市内の就職先を探していました。

 

希望してた職を何社か断られ、断られる度に初めはやる気が十分だった就職活動もだんだんやる気がなくなりました。

 

求人サイトも色々見ましたが、どれもパッとせず…そんな時に友達の御両親の紹介で、こういう会社があるけど?と、既に内定が決まっていた友達が訪ねてきてくれました

 

色々その会社を検索していくと、私の理想の会社だったのです。

 

私はすぐに連絡をし、面接をしていただけることになりました。面接までの数日は両親も「次は大丈夫よ!今までの会社は縁がなかっただけ!」と、落ち込んでる私を励ましてくれていました。

 

面接の前日は新しい靴を買い、美容院に行きました。なぜか何社か落とされた気分を一新出来る気がしたんです。

美容師さんにも「明日面接なんですー」というと、頑張って!と励ましていただけました。

少ししか髪は切っていませんが、サラサラになった髪型で、新しい履歴書の写真を撮りに行きました。

 

正直、写真なんて使い回しでも…と、思っていましたが、どこかのサイトに「写真は毎回撮りなおししましょう。」と、書いてたのをふと思い出したんです。

 

気持ちも晴れやかになったので、近所の写真屋さんで撮影していただきました。

家に帰り、新しく履歴書を書き両親からもらったお守りを枕の下に入れ眠りました。今でもなぜ、枕の下に入れたのかはわかりませんが…。

 

そして、運命の当日。

緊張からか朝早く目覚めた私は、キッチンに行くと何故かトンカツが。母が「勝つよ!カツ!」と、私の為にトンカツを朝から作ってくれました。

「えー受験生ー?」と笑いましたが、何故か食べると不思議と勝てる=採用、の気持ちになってきました。

 

新しい靴を履き、玄関から出る時は父に母、妹、我が家の愛犬までみんなで「大丈夫!頑張って!」と、応援してくれました。なんだか、気持ちは落ち着いてました。

会社につくとどんどん緊張し口はカラカラでした。

 

何名か面接はいらっしゃってましたが、私は最後の方だったのでその間もドキドキ。いざ、名前を呼ばれると足取りが重かったです。面接官数名の前に立った時、「もういいや!なるようになれ!」と、開き直りました。

すると、肩の荷がおり、思ってたよりリラックスして面接に挑むことができました。

数日後の通知で見事採用され、家族みんなが喜んでくれた光景を今でもハッキリ覚えています。

だけど、自分自身の記憶は喜び過ぎてハッキリ覚えていません。

時には、開き直りも大切なんだな。とは思いました。